風呂敷の一般的なサイズとは

一般的な

風呂敷のサイズは基本的なものだけでも10種類あります。
単位は巾で表され、一巾は約36cmです。

一巾単位で生地が作られていた時代に由来するもので、
それ以上大きいものは縫い合わせて作られました。

現在は機械の発達で四巾まで一枚もので生産されます。
一般的なサイズは二巾で68cmから70cmとなっています。

手で持てる贈答品や箱の大きさを考えると、一番使い勝手が良い大きさです。

お使い包みや四つ包みなど、包みやすく結び目がバランスよく
きれいに見える大きさは、風呂敷を広げた対角線の長さが包む物の
3倍ほどがよいでしょう。

小さい風呂敷は45cmの中巾からあり、小さいものは袱紗代わりに
金封を包んだり、現代ではお弁当包みなどに利用される大きさです。

ちりめんなどに代表される正絹やレーヨンなどは、贈答・訪問の際に
使用されることが多いため、大判の約74cmの二尺巾ぐらいまでしか
作られていません。

それ以上のサイズは主に荷物を包むための用途が多いので、
汚れることや丈夫さを求められるために木綿素材でできています。

使いやすい