ワインは風呂敷で包む

お酒をプレゼントする際には、紙袋や手提げ袋に入れて持ち運ぶと、瓶が揺れて持ちにくいことがあります。また人に贈り物として差し出す際に、店名が書かれている紙袋に入れることは少し抵抗があります。

ワインは風呂敷で包むとお洒落で綺麗な感じになります。一昔前には、風呂敷というと唐草模様の描かれた地味なイメージのものでした。しかし最近は様々な素材や色、デザインの風呂敷を見かけるようになりました。

風呂敷でワインを包む

こんなものを持って歩いてみたいと思えるような、素敵なものも多く出回っていますので、気に入ったものを見つけたらお酒をプレゼントする際には利用したいものです。

お酒を包む際には、包み方がありますので、知っておくようにします。風呂敷の真ん中にお酒を置き、角Aの先をお酒に近づけて、瓶の高さからはみ出す部分を三角に折りたたみ、ひだを作ります。畳んだ部分が崩れないよう輪ゴムで仮留めし、角Bも同じようにひだを作り、角Aを留めている輪ゴムで一緒に固定します。

左右の角Cと角Dを持ち、瓶の後ろ側に回して交差させ、手前に持ってきます。手前に戻ってきた角Cと角Dを真結びします。ひだ結びの部分等を整えたら完成となります。結び目の位置を工夫して、輪ゴムを外すと格好が良くできあがります。

3巾(100cm)の風呂敷でお酒を包んでみましょう

お酒を2本プレゼントしたい時があります。こういった時には、3巾(100cm)の風呂敷を用意します。風呂敷には様々なサイズがありますので、この大きさのものを準備しておくとワインが2本包めることになります。

おしゃれな瓶包み

瓶2本を風呂敷の中央に置き、瓶の間はこぶしひとつ分ほど空けることがポイントです。手前の端をかけて巻いていき、巻き終りの先端が真上になるように気をつけます。その先端を瓶の底ではさみ込むようにして、両方から瓶を起こします。瓶の口元でしっかり真結びをしたら完成です。

瓶の大きさや形は同じようなものですと、うまくいきますので、覚えておくようにします。2本を風呂敷に包んでプレゼントに持っていくと、多くの人達に喜ばれることになります。

3巾(100cm)のサイズは大きなものですので、その他のものを包む際にも役に立ち、1枚持っていると重宝します。素材も様々なものがありますので、色やデザイン等とともに、気に入ったものを見つけて、何かの折には思いだし使いこなすとお洒落な生活をエンジョイすることに結びつきます。

お酒を包む際にはこういったものを使うとうまくいくことを、多くの知人や友人に知らせたくなります。

日本で愛されている文化

見立て文化は日本で愛されている文化です。伝統的なものであり、古い書物や芸術作品などでも見立てを取り入れられているものを見つけることができます。

これと風呂敷は無関係だと考える人もいるかもしれませんが、ただの布に感じられても工夫することで何かに見せることが可能です。

イメージで見立てる

たとえば、包み方次第で着物や動物に見立てることもできます。
インターネットなどでは見立てを活用した包み方が紹介されていることもあるので、これを積極的に真似してみることがおすすめです。

古くは対角線上の布を結ぶだけのものが多かったのですが、現在に近づくにつれて様々なものに見えるような包み方が好まれるようになってきました。
荷物を運ぶためにはトートバッグのような見た目の包み方が好まれますし、可愛らしさを重視してキャンディーのような風呂敷包にする人もいます。

風呂敷の見立て文化は現在でも盛んだと言えるので、上手く表現することができるようになれば周囲の人から一目置かれる存在となることができるでしょう。
インターネットなどで紹介されているものを真似しても良いですが、自分で独特なアイデアを出すこともできます。

ユニークな見た目になるように、風呂敷の使い方を工夫してみると良いです。

柄物の上手な取り入れ方

風呂敷の柄は多種多様なものがありますが、近頃はモダン柄の人気が高まっています。
古くから愛されている風呂敷に現代風な柄は合わないと思うかもしれませんが、上手く取り入れることができることを知っておきましょう。

風呂敷を楽しむ

洋装に合わせるのであれば、ポップなモダン柄が便利だと言えます。
近頃はエコバッグ代わりにこれを活用する人も増えていますが、洋装に昔ながらの印象が強い柄を合わせてしまうと浮いてしまうことが多いです。

そういったときに今風のものを用いることで、洋装に馴染む風呂敷として活用することができます。
子供が利用する場合もこの柄がおすすめです。

お弁当や水筒などを包むために活用する人も多いのですが、伝統的なものは子供らしさがありません。
それを現代風のものに取り替えてみるだけで、かなり印象を変えることができるはずです。

大きなお花や動物が描かれたカラフルなものも多くなっています。
このような柄を選ぶようにすれば、子供も喜んでくれる使い方をすることができるでしょう。

風呂敷のデザインには様々なものがあるのでケースによってどういったものを取り入れるか工夫してみると良いです。
今風にしたいときや若い人が使うとき、アクセントとして目立たせたいときなどに取り入れてみることをおすすめします。

京都のれんの金龍の風呂敷は海外へのお土産にもピッタリ

外国の人へのお土産なら風呂敷がおすすめ

海外に住んでいるお友達や知り合いに日本のお土産を用意しなくては
いけないという方は多いですが、海外の人が喜んでくれるお土産が
思いつかないと悩んでいる方も少なくありません。

特に複数人にお土産を配る場合、重いものやかさばるものは持ち帰る
際に手間がかかってしまいますし、食べ物は外国の人にとっては好み
があることや、賞味期限を考えて購入する必要があるのでお土産に
適するものは限られてしまうのです。

そこで注目されているのが京都のれんで販売されている風呂敷を
利用する方法です。

金龍

一般的に風呂敷というとシンプルなデザインのものが多く、利用方法
も物を包んで持ち運ぶことに使用するといったイメージを持っている
方は多いです。

この会社では様々なサイズやデザインの風呂敷を取り扱っており、
利用用途に合わせて使用している素材も異なるので海外の方に喜んで
もらえるデザインを必ず見つけることが出来ます。

日常使いがしやすい洋柄タイプもありますが、せっかく日本らしい
お土産を選ぶなら和柄のタイプを選ぶことで喜んでもらえる可能性
が高いです。

サイズも幅広いので、お酒を包んだりバッグにするなど幅広い用途
で使用できる伝統品をおすすめします。

京都のれんの金龍の特徴

京都のれんでは定番の無地タイプをはじめ、おしゃれな洋柄や和柄
の風呂敷も数多く取り扱いしています。

その中でも海外の方へのお土産としてもおすすめの「金龍」は、
力強いタッチで描かれた金龍と松がデザインされており、日本
らしさを全面に出した印象的な仕上がりになっています。

描かれている龍と背景の夕日がお互いに引き立てており、
普段通りに何かを包むなど風呂敷らしい使い方も多いですが、
このデザインはあえて額に入れて飾るなど、気軽に壁に飾れる
インテリアにも取り入れる方が多いです。

飾る

この風呂敷に使用されている撥水ポリエステルは、20回まで洗濯を
しても高い撥水性を維持することができる素材となっており、洗濯時は
普段使用している家庭用洗濯用洗剤で汚れを落とすことができます。

ただ塩素系漂白剤や柔軟剤は使用しないように注意しましょう。

水に濡れても高い撥水性で包んでいる荷物を濡らす心配がありませんし、
通気性が高いことが特徴です。

防汚性能が高いのでシミになりにくい点も人気の理由です。

贈り物として利用する場合は、風呂敷をギフトボックスや包装紙に
包んでくれるので、プレゼントにもぴったりのアイテムとなっています。