日本で愛されている文化

見立て文化は日本で愛されている文化です。伝統的なものであり、古い書物や芸術作品などでも見立てを取り入れられているものを見つけることができます。

これと風呂敷は無関係だと考える人もいるかもしれませんが、ただの布に感じられても工夫することで何かに見せることが可能です。

イメージで見立てる

たとえば、包み方次第で着物や動物に見立てることもできます。
インターネットなどでは見立てを活用した包み方が紹介されていることもあるので、これを積極的に真似してみることがおすすめです。

古くは対角線上の布を結ぶだけのものが多かったのですが、現在に近づくにつれて様々なものに見えるような包み方が好まれるようになってきました。
荷物を運ぶためにはトートバッグのような見た目の包み方が好まれますし、可愛らしさを重視してキャンディーのような風呂敷包にする人もいます。

風呂敷の見立て文化は現在でも盛んだと言えるので、上手く表現することができるようになれば周囲の人から一目置かれる存在となることができるでしょう。
インターネットなどで紹介されているものを真似しても良いですが、自分で独特なアイデアを出すこともできます。

ユニークな見た目になるように、風呂敷の使い方を工夫してみると良いです。

柄物の上手な取り入れ方

風呂敷の柄は多種多様なものがありますが、近頃はモダン柄の人気が高まっています。
古くから愛されている風呂敷に現代風な柄は合わないと思うかもしれませんが、上手く取り入れることができることを知っておきましょう。

風呂敷を楽しむ

洋装に合わせるのであれば、ポップなモダン柄が便利だと言えます。
近頃はエコバッグ代わりにこれを活用する人も増えていますが、洋装に昔ながらの印象が強い柄を合わせてしまうと浮いてしまうことが多いです。

そういったときに今風のものを用いることで、洋装に馴染む風呂敷として活用することができます。
子供が利用する場合もこの柄がおすすめです。

お弁当や水筒などを包むために活用する人も多いのですが、伝統的なものは子供らしさがありません。
それを現代風のものに取り替えてみるだけで、かなり印象を変えることができるはずです。

大きなお花や動物が描かれたカラフルなものも多くなっています。
このような柄を選ぶようにすれば、子供も喜んでくれる使い方をすることができるでしょう。

風呂敷のデザインには様々なものがあるのでケースによってどういったものを取り入れるか工夫してみると良いです。
今風にしたいときや若い人が使うとき、アクセントとして目立たせたいときなどに取り入れてみることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)